産後の抜け毛から数年たっているのに、いまだに産前のような髪に戻らないなんてことないでしょうか?

「普通、産後の抜け毛は1年程度では戻ると聞いたのに…。」

産後の抜け毛を経験したママさんの45%以上は、産前のような元の状態に戻らないといわれています。

確かに普通は産後脱毛症の後、1年程度で髪の毛は生えてくるのですが、完全復活とまでは至らないようです。

実はそんな私も産後から髪の毛が薄くなってしまい、いまだ20代の時のような髪質には戻りきれていません。

でも、数か月前から使い始めた「マイナチュレ育毛剤」がなかなか調子が良いです。

産後の髪の特徴と髪が抜ける原因

産後は髪が完全に元のように戻ることは少ないらしいです。

どういうことかというと、次のような変化が髪にも見られるようになります。

1 髪が細くなる

産後の抜け毛の原因として女性ホルモンが減少してしまいます。

厳密にいえば、出産に備えて増えた女性ホルモンが、産後急激に元の量に戻る反動で抜け毛が起きてしまいます。

女性ホルモンが普段よりも多く分泌しているので、産前は抜け毛もかなり少なかったのではないでしょうか。

また、髪の毛も艶々でたくましくなかったですか?

出産直前、私の髪はかなり質が良かったです。

でも、出産後女性ホルモンが急激に元の量に戻るので、今までヘアサイクルの成長期だった髪が一斉に休止期や退行期に入り抜け毛が大量に出てしまうのです。

2 うねりが出る

女性ホルモンが急激に元の量に戻ろうとすると、元の量を通り越すことがあります。

つまり、通常の女性ホルモンの量よりも減ってしまうことがあるのです。

ほとんどの出産経験者、特に30歳を過ぎてからの出産、また二人目以降の出産はこの現象が顕著にでます。

そうすると、女性ホルモンが足りていないわけですから、髪の栄養不足になり細毛になります。

なぜ、女性ホルモンが足りていないと髪が栄養不足になるのか?

それは、頭皮が硬くなるからです。

頭皮にはコラーゲンなどの保湿成分、そして毛細血管が張り巡らされています。

その保湿成分不足、そして血行不良によって栄養分が十分でなくなるからです。

その結果、細毛になると同時に髪の毛が自身の形を支えきれなくなり、うねりを伴うようになるのです。

3 乾燥しダメージしやすくなる

女性ホルモンであるエストロゲンはみずみずしい髪を育てますが、産後エストロゲンの減少によって頭皮が乾燥してしまうとそこから生えてくる髪も乾燥します。

乾燥した髪はダメージしやすく、切れ毛の原因になります。

また、ダメージした髪はその人自身を老けさせてしまいます。

4 頭皮が垂れることで毛穴も歪む

頭皮が保湿不足になると徐々に頭皮がたるんでしまいます。

頭皮のたるみは毛穴の形もいびつにしてしまい、そこから生えてくる髪はうねるようになります。

5 頭皮が垂れるとお顔も老ける(雪崩たるみ)

さらに頭皮のたるみはお顔のたるみにもつながります。

お顔と頭皮は一枚肌でこれを「雪崩たるみ」といいます。

つまり、産後の抜け毛を改善しないと老化がどんどん進んでしまうわけです。

産後の抜け毛薄毛髪質変化の原因

産後の抜け毛、薄毛、髪質の変化は産後特有の体の変化に原因があります。その変化とは次のようなものです。

1 女性ホルモンの減少

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲン

女性らしさをつかさどる女性ホルモンです。美しい髪もこのエストロゲンが影響します。

プロゲステロン

皮脂など保湿成分の分泌に欠かせないホルモンです。

2 血行不良

頭皮は毛細血管の集まりです。その毛細血管を通る血液から髪は栄養や女性ホルモン、酸素をもらい成長します。

血行が悪くなる原因は血管が収縮してしまう、そして血液自体ドロドロになってしまうという2つの原因があります。

3 頭皮乾燥

女性ホルモンが減少することで頭皮のコラーゲン17型など様々な保湿成分が減ってしまいます。

また、頭皮も硬くなるので乾いた頭皮環境、乾燥しダメージした髪の毛になります。

4 栄養不足

産後は母乳などに栄養を摂られてしまうため、母体の栄養は少ししかありません。

その少ない栄養は命を守るため、生命にかかわる臓器やその他器官に優先的に配られます。

髪は極端な話、なくても人間生きていけるので栄養が配られる優先順位は低いです。

そのため、直接栄養を補給してあげることが望ましいです。

5 ストレス

産後は夜泣きなどもあり、何かとストレスを抱えやすいです。

ストレスは自律神経の乱れに繋がり、自律神経が乱れると女性ホルモンの分泌や血行不良の原因になります。

産後数年たっても髪が元に戻らない理由

「産後の抜け毛薄毛を発症し、数年がたつけれどいまだに髪質が改善されない。」

その理由は次の通りです。

1 女性ホルモンの分泌が十分でない

加齢のせいで産後の女性ホルモンの分泌が完全に元に戻っていないのに加え、加齢のせいで女性ホルモンそのものの量が減っている

2 加齢による代謝不良

当たり前ですが人は年齢を重ねるごとに基礎代謝が低下します。そして新陳代謝も落ちるので肌のターンオーバーの周期も長くなりますよね?

頭皮にもターンオーバーがあり、それはヘアサイクルにも影響します。

つまり、加齢による代謝の鈍化が薄毛を長引かせてしまうのです。

3 女性特有の更年期

40代後半になってくると、産後の抜け毛が戻り切れていないのにさらなる薄毛の原因の時期がやってきます。

それが更年期障害です。

更年期障害を発症していなくてもこの年齢からは急激な女性ホルモンの減少がまた始まります。

これは元の量よりもさらに減っていくので薄毛の最大の原因になります。

このときの脱毛症はびまん性脱毛症女性性男性型脱毛症(faga)と言います。

産後の抜け毛薄毛、髪質の変化にマイナチュレで何ができるのか?

産後戻り切れていない薄毛や髪質変化はマイナチュレで改善することができます。

マイナチュレでどんなことができるのか説明すると次のようなことが期待できます。




1 髪の女性ホルモン、エストロゲンを補給

マイナチュレには女性ホルモンであるエストロゲンの代用成分イソフラボンがあります。

そのイソフラボンはヒオウギエキスに含まれており、直接頭皮に塗布することで毛根からエストロゲンが入り込み髪の成長を促します。

またオウゴンエキスが含まれており、女性性男性型脱毛症の原因となる女性の中の男性ホルモンを抑制する作用があるので、更年期の脱毛症予防にもなります。

2 血行促進

頭皮にある末梢血管を拡張し血行を促進する作用があります。その成分が、センブリエキス、ヒキオコシエキス、ニンジンエキス、オランダカラシエキスなどです。

3 頭皮代謝改善

加齢による頭皮代謝の鈍化を抑え、活発なターンオーバーを促進します。
それにはクロレラエキスや12種類のアミノ酸が活躍してくれます。

4 コラーゲン・ヒアルロン酸などの保湿成分補給

頭皮の肌バリアや保湿力を高めるためM-034という海藻天然エキスが活躍してくれます。

このM-034には発毛効果も期待できる成分です。

その他にもボタンエキス、ヒキオコシエキス、ニンニクエキス、ローマカミスレエキスが効果的です。

5 髪の主成分アミノ酸を補給

髪の毛はケラチンたんぱく質というタンパク質が主成分となっています。タンパク質を分解するとアミノ酸になります。

つまりマイナチュレに含まれる12種類のアミノ酸は髪の毛のケラチンたんぱく質の主原料となるのです。

まとめ

その他にも日頃の生活習慣を改善することが大切です。

食事、睡眠、運動は必須ですが、それよりも根本的な対策はやっぱり髪の毛に直接作用してくれるもの「マイナチュレ」が必要かと思います。

今なら980円なので気軽にお試しができてお得ですよ!

ついでにマイナチュレシリーズ

女性用育毛剤マイナチュレ

<今なら初回980円でお得> マイナチュレ公式サイトへ

マイナチュレシャンプー

女性用無添加
頭皮ケアシャンプー

マイナチュレサプリメント

無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ]